「珪藻土」足ふきマット、キッチンから浴室、一滴の水あともない

2017.12.05

珪藻は生物愛好者にとってぜんぜん知らないことではありません。それは地球上の最も古い原生生物の一つです。珪藻の遺骸が千万年の沈積と地質変遷により、徐々に多細孔の土壌になり、つまり珪藻土になりました。珪藻土の優れる特性のため、珪藻土の故郷‐日本では、一般には珪藻土を用いて水を吸収し、熱を隔離するために用いられています。特徴によって風呂マット、コップ受け、調味料、石鹸受け皿などを生産しています。さらにクローゼット、キャビネット、引き出しなどに用いられることもでき、湿気、異臭を除去し、空気を浄化し、居心地がよい生活環境を作り出します。この珪藻土足ふきマットは現在のとても人気がある製品です。珪藻土は数百年前の珪藻が沈積されることによって形成された天然鉱物です。急速に水を吸収して乾燥し、自分の重量の2-4倍の水分を吸収することができます。吸収した水分は水蒸気に転化して空気に蒸発して、湿度を調整する作用を果たします。このマットがあれば、お風呂から出て地面を濡らすことがなくなります。これ以外、珪藻土は弱アルカリ性の物質を有して細菌の生成を効果的に抑制し、そしてマットを洗う面倒をなくすことができます。珪藻土の表面に微量な粉末があるため、大自然の土壌に踏むような感じがします。かびの生成に水の支えが必要であり、壁にかびが出ることは壁に残される水と関連します。珪藻土はよい吸水性を有するため、かびを効果的に抑制することができます。また、珪藻土は無機材質であり、有機材質のラテックス塗料、壁紙にかびが出にくくなります。そのため、キッチンの吸水板として用いられることもとてもいいです。

どのように風呂マットの湿っぽい問題を徹底的に解決できるでしょうか。

2017.12.05

家庭において、特に子持ちのママにとって、きっと風呂に入った後の浴室に水がいっぱいになることで困っています「病気」。一日中に何回も掃除しないといけません。元々きれいに掃除した浴室「大泣き」、最後は風呂後のびしょ濡れの足で汚くなります。しかし、最近は新型な製品のマットが現れ、みんながずっと困っている悩みを徹底的に解決しました。これは新型の足ふきマットです。硬くて、普通のような足ふき布ではなく、足ふきマットをガラス浴室の玄関に置き、風呂から出て素足で踏んで、何回すれば、足が乾くなります。出てからトイレのタイルもきれいになります。びしょ濡れになりません。水あとが家の床を壊す心配がなくなります。以前、娘はよくトイレの地面で滑ることが多かったです。今もなくなりました。「拍手」さらに不思議なのは、このマットは自分で乾燥するように蒸発し、風呂から出て服を着ると、このマットは既に乾燥になりました。次の人が風呂で用いる時も同じです。従来のようなマットのようにかびが出やすく、湿っぽいで、何人が使うと完全にびしょ濡れになるものではありません。それは柔らかいものではありません。「祈り」だから、洗う時に面倒もありません。清水とスポンジブラシで洗えばいいです。汚い時に、ボディーソープを加えばいいです。